著書(共著・分担執筆)

『中小企業における退職金制度の見直し状況と今後のあり方に関する調査研究報告書』((財)雇用情報センター)

 「第2章 中小企業の退職金制度の見直しと今後のあり方についてのアンケート調査結果の分析」(pp.28-51.)を執筆しました。
 確定拠出年金の広がりなど、中小企業においても退職金制度を見直す動きが広がっています。全国の中小企業489社を対象とした質問票調査の結果、今後制度を見直す予定の企業は4割強みられ、ポイント制、定率方式および別テーブル方式など退職金の算定方法について今後見直し予定の企業が多くみられました。結果として、成果主義的傾向(ポイント制)と人件費の削減志向(別テーブル方式)が明らかにされました。
 本報告書は、厚生労働省からの受託事業の一環として平成18年度筆者も参加した「退職金制度に関する研究会」における調査研究をとりまとめたものです。

PAGE TOP

Copyright© 2018 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.