著書(共著・分担執筆)

『経営行動科学ハンドブック』(中央経済社)

 「PartⅠ-8 変数間関係の探索」(pp.57-62)及び「PartⅥ-9 人材の定着」(pp.57-62)を執筆しました(経営行動科学学会編)。
 経営における行動主体(経営組織、集団、個人)の活動を実証的に分析する場合、変数をどのようにとらえるかが重要と考えられます。
 「PartⅠ-8 変数間関係の探索」では、2変数間の関係や多変量解析、さらにクロスレベル分析等、変数間関係をめぐる新しい研究動向にもふれました。
 「PartⅥ-9 人材の定着」では、グローバルに人材獲得競争が激化するなか、高業績を挙げる人材を組織内に定着してもらうためのリテンション(定着)・マネジメントについて論述しました。
個別の人的資源管理施策やシステムとしての人的資源管理とリテンションとの関係やその課題についてふれました。ご興味のある方は是非お読みください。
51mg2KatdpL

詳細ページへ(Amazon)

「リテンションマネジメントとは」特集はこちら

PAGE TOP

Copyright© 2018 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.