取材・メディア

「優秀な人材をいかにリテンションするか」リクルートワークス研究所『Works』取材

 「リストラの「けじめ」-疲弊した人と組織を、いかに再生に導くか」というテーマについて、多くの企業で実施されたリストラの後、優秀な人材をどのようにリテンション(定着)すべきかという観点からお話ししました。高い業績を上げる人にとっては、リストラ後の自身の会社でのキャリアに関心が高いため、ただ会社の将来の明るいビジョンを見せるだけでは不十分です。つまり、自分の未来がどのように安泰かということが重要だと考えられます。
 ご自身のキャリアやキャリアの発達に関心がある方、人事や教育部門の方々などでご興味をおもちの方は、是非以下をお読み下さい。
w_098_0
 『Works』No.98,  pp.24-25
 →本文へ(リクルートワークス研究所)

「リテンションマネジメントとは」特集はこちら

PAGE TOP

Copyright© 2018 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.