取材・メディア

「キャリア支援と話しやすい文化が若手社員を会社に定着させる」『SMBCマネジメント+』2019年4月号取材

「特集 若手が働きがいのある会社」に関連して受けた取材結果が掲載されました。入社後の若手社員の定着率の低さや少子化による新規採用の難しさから、若手人材を会社に定着させるリテンション(定着)・マネジメントの重要性が増しています。この会社で続けて働きたいと思ってもらうためには、働き方改革の主眼である長時間労働是正などによる働きやすさの改善だけではなく、働いた結果として意味が見出せるなどの本人にとってのプラスの効果を示す働きがいをいかに感じてもらうかが重要です。優秀人材ほど、成長実感を感じ続けるという意味で重要と考えられます。そのために組織や上司ができることとして、キャリア支援と話しやすい文化をつくっていくことについて論じました。新人や若手社員の定着に悩まれている上司や人事の方々などこうした問題に関心がある多くの方々にお読み頂きたいと思います。

本文へ→キャリア支援と話しやすい文化が若手社員を会社に定着させる

PAGE TOP

Copyright© 2019 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.