取材・メディア

「社員の定着どう進める-注目される「リテンション・マネジメント」」『公明新聞』経済部取材

IMG-0652採用した人材に長く働いてもらうため、定着しない原因を分析し、労働条件や職場環境などの改善策を進めるリテンション(定着)・マネジメントについて受けた取材の模様が掲載されました。構造的な少子高齢化のもと、採用難と転職の増加が重なり、人手不足がますます深刻化しています。特に優秀人材や若手の転職は残った社員の意欲を低下させる危険もあり、さらに進むと人手不足倒産にもつながつ可能性があります。その中で、入口の採用や出口の退職、そして福利厚生やコミュニケ-ションの活発化など、各種の人事施策を総合的に組み合わせることが求められています。また、働きやすさだけでなく働きがいも持てるような環境や風土づくりも重要です。いくつかの企業事例も取り上げてもらっています。こうした問題に関心をお持ちの方は是非お読み下さい(7月8日取材 於 青山学院大学研究室)。。

PAGE TOP

Copyright© 2019 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.