講演

「人材定着のマネジメント」法政大学キャリアデザイン学会2016年度第2回研究会

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
 深刻な人手不足状況にある現代、多くの組織で、正社員(新卒者、経験者を問わず)、非正規社員(学生アルバイト含む)とも、人材の採用が困難を極めています。他方、転職が一般化し、現代は高業績人材がいつでも他社に流出する可能性がある 人材獲得競争の時代に突入したといえます。こうした採用が難しく、転職が広がってきた状況における人材確保の手段として、現在在籍している社員、特に高業績社員のリテンション(定着)が注目されています。この、高業績を挙げる(ことが予想される)人材が長期間組織にとどまり能力を発揮できるようにするためのマネジメントである、リテンション・マネジメントについてお話ししてきました。講演後、なぜ積極的な教育訓練がリテンションに直接働きにくいかなど、多くの質問やコメントをいただきました。設営等、お世話になった方々には改めて御礼申し上げます(18:3020:00 法政大学市ヶ谷キャンパス58年館2階キャリア情報ルーム)
開催案内へ
「リテンションマネジメントとは」特集はこちら

PAGE TOP

Copyright© 2017 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.