講演

「企業と働く人々は、どのようなエンプロイアビリティを求めていけばよいか」2016年度第3回人事研究会 (コベルコ・キャリア・ディベロップメント(株))


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  講演では、イノベーションの進展やグローバル化など、経営・雇用環境が激変している時代において、働く人が生き抜いていくために必要なエンプロイアビリティ(組織に雇用される能力を中心とした可能性)についてお話ししてきました。特に、エンプロイアビリティにおける(現在と同等以上の条件で)転職できる能力と、現在の組織でリストラされず継続的に雇用される能力という二面性や、組織が従業員のエンプロアイアビリティを高めるという「エンプロイアビリティ保障」の必要性やその実現可能性等についてお話してきました。フロアの方々とのディスカッションや質疑応答を通して、組織現場においてエンプロイアビリティ保障を行う上での制約等、新たな知見を数多くいただきました。講演にお誘い頂いた神戸大学経営学部教授の金井壽宏先生、平野光俊先生に厚くお礼申し上げます。
( 16:00 ~ 19:00 於 チサンホテル神戸)

「エンプロイアビリティとは」特集はこちら

PAGE TOP

Copyright© 2017 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.