講演

「「ベテラン人材」活性化のポイントとは:キャリアの停滞の観点から」『HRカンファレンス2018-春-』(『日本の人事部』(株)アイ・キュー主催)

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018å¹´5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催日本の人事部特別セッション20180516_180526_0016特別セッション『人手不足を乗り越え、全員活躍企業を実現!「ベテラン人材」活性化のポイントとは』に、NTTコミュニケーションズ(株)ヒューマンリソース部の浅井 公一様、(株)博報堂 人材開発戦略室 キャリアデザイングループの田村寿浩様とご一緒に登壇し、ファシリテーターも務めてきました。講演では、これまでのキャリアで得てきたものを維持したいと考える人が増え、安定、維持、守りがキーワードとなるベテラン人材(シニア人材)のキャリアの特徴と役職定年制等に見られるキャリアの実態について触れた後、キャリアの停滞、すなわちキャリア・プラトー(停滞)現象の観点からベテラン人材のキャリアについてお話しました。加えて、昇進と仕事両方で停滞するダブル・プラトー状態の人が増えるなか、活性化のため、本人の取り組み(キャリア戦略)や上司、組織に求められる取り組みや施策(異業種交流研修や副業解禁)についてお話しました。膨大な数のベテラン人材に対するカウンセリング経験に基づく浅井様の現場感あふれるお話、30代以降多階層にわたるキャリア研修等による知見を背景にした田村様の含蓄の深いお話をお聴きすることができ、大変勉強になりました。また、40名を越えるフロアの方々によるグループごとのディスカッションにも加わらせて頂き、目からうろこの多くの知見を得ることができました。お誘い頂いた『日本の人事部』(株)アイ・キューの皆様に深く御礼申し上げます(15:40~18:00 於大手町サンケイプラザ)。

PAGE TOP

Copyright© 2018 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.