その他論文

「書評『一体感のマネジメント-人事異動のダイナミズム』(林祥平著 白桃書房 2018年刊)」『組織科学』第53巻第1号, pp.78-79.

画像_2 2019-09-23_18-09-24組織における人事異動と従業員の組織的同一化との関係を分析した研究書の書評論文が掲載されました。本書は、組織の人的資源管理の主要部分を占める雇用管理において、採用に継いで重要な従業員の配置管理に焦点を当てています。そして、配置管理を、従業員の異動経験の観点からとらえつつ、これまで人的資源管理との関係が明らかでなかった組織的同一化にどのように影響しているかを質問票調査とインタビュー調査の結果に基き検討しています。従業員の組織内キャリア発達の観点からみて配置管理との関係の分析は簡単ではありません。配置管理とそれに基づく配置転換は水平的なヨコのキャリア発達としてとらえられることが多いといえます。しかし、どのような部署間を異動し、その結果どのような職務に従事することが本人のキャリア発達となるかは、本人のキャリア意識も密接に絡む問題で、測定することは困難です。またそれには異動の頻度、異動前後の職務間の類似性も大きく関係しています。本書は、そうした困難な点を、職務の連続性・非連続性等の観点を取り入れ、実証的に分析している点で、類似分野に関心がある研究者。実務家の方々に読まれるべき文献といえるでしょう。

PAGE TOP

Copyright© 2019 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.