その他論文

「ミドル・シニア人材のキャリア停滞」(株)ライフワークス『キャリア開発ラボ』

 ミドル人材・シニア人材に特有にみられるキャリアの停滞について論じました。まず、一部の順調に昇進する人を除くと、多くの人にみられるのが昇進の停滞です。もう一つが仕事上の停滞です。これは、仕事にワクワク感や成長実感を感じなくなることです。人は、キャリアを重ねるにつれ、異動や研修などの「変化」によるプラスの影響を受けにくくなります。そして、(誰でも感じる)マンネリ感から脱却しづらくなります。その結果、会社が求めるような高い業績を挙げられなくなる可能性があるのです。さらに、ミドル・シニア人材にとって最も危険なのはこの両方の停滞、昇進の停滞と仕事上の停滞が重なることです。ミドル・シニア人材のキャリアや活性化の問題に関心がある方は是非、以下をお読み下さい。

本文へ

『「中だるみ社員」の罠』(日経プレミアシリーズ:新書)

→「キャリアプラトーとは」特集はこちら」

 

PAGE TOP

Copyright© 2017 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.