学術論文

「職業興味とパーソナリティとの関連~分析法の検討について~」『職業能力開発研究』(職業能力開発総合大学校基盤整備センター)第6巻 pp.37-53(共著)

 本論文は、職業訓練における訓練生の個性を把握するため、彼らの職業興味とパーソナリティとの関連を、主に関連の分析を行う際の多変量解析の技法の差異に注目して論述しました。職業能力開発総合大学校の1年から4年までの男子学生を対象とした調査の結果、カノニカル相関分析という手法が一般的な主成分分析や主因子分析より適切であることが明らかにされました。
 職業訓練や、訓練生の職業興味の問題に興味がある方は、以下を是非お読み下さい(リー・ペン・スン、戸田勝也各氏との共著)。

→本文へ

PAGE TOP

Copyright© 2018 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.