学術論文

「キャリア・ディベロップメントにおける知識と技能の形成-従業員のキャリア・プラトー現象を中心として」『国府台経済研究』(千葉商科大学経済研究所)第10巻第1号 pp.61-75

 まず、組織における知識、技能と従業員のキャリア・ディベロップメントとの関係についてふれた後、組織における昇進の停滞を意味するキャリア・プラトー現象との関係について述べました。次に、キャリア・プラトー現象の実態について統計資料を使って論じました。また、キャリア・プラトー現象と抜てき人事、役職定年制や専門職制度などの組織の人的資源管理施策との関係について論じ、現象の及ぼすマイナスの影響解決のための方策を探りました。さらに、キャリア・プラトー現象とその他の組織内キャリア発達現象である(主に担当している)職務におけるプラトー現象や、(社内の部署への)配属におけるプラトー現象との比較を行い、キャリア・プラトー現象のみ職務態度の低下をともなう可能性が示唆されました。最後に、従業員のキャリア・プラトー現象に対応した組織の人的資源管理施策のモデル化を図り、層別にどのような施策をとるべきかをモデル化しました。
 組織におけるキャリア開発に興味をお持ちの方々に是非お読みいただきたいと思います。

「キャリアプラトーとは」特集はこちら

PAGE TOP

Copyright© 2018 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.