監修他

『リテンション・マネジメント研修 優秀な人材をつなぎ留めるための上司の関わり方を学ぶ』(講師派遣研修:(株)PHP研究所との共同開発)

上司のための「リテンション・マネジメント研修」のご提案(株)PHP研究所と青山学院大学経営学部 山本寛研究室との共同開発による「リテンション・マネジメント」に関する講師派遣(インハウス)研修プログラムが完成しました。
 近年、若手社員が早期に辞めていくケースが増えています。その大きな要因が、転職市場の活性化です。多くの情報へのアクセスが可能となっている現代、若手社員は、今の会社で働き続けていいのか、若いうちに転職した方が良いのではないかという不安を抱えてしまいがちです。特に、「上司が信頼できない」「人間関係、職場の雰囲気が合わない」といった職場での人間関係への不満は、常に離職理由の上位を占めています。
コロナ禍でテレワークが浸透する状況で、上司部下間のコミュニケーションが希薄化し、今後さらに、若手の早期離職の傾向に拍車をかける要因になるともいわれます。
いまや若手社員の早期離職を防止する取り組みは、人事・人材開発を担当する方々にとって、喫緊の課題になっているといえます。本研修コースは特に、若手社員に焦点を当て上司や先輩が彼らのリテンション(定着)をどのように図るかについて、現代の若手社員の特徴の把握やご自身の部下や後輩とのコミュニケーションの振り返り、豊富な事例を通して知って頂く研修プログラムとなっています。
上司のための「リテンション・マネジメント研修」のご提案

PAGE TOP

Copyright© 2021 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.