著書(単著)

『働く人のためのエンプロイアビリティ』(創成社)

 近年のリーマンショックにみられるように、過去何度となく雇用に対する不安感がわが国、そして世界中の働く人々を襲いました。また近年では、働く若い人々を食い物にするブラック企業が問題となっています。そうしたなか、会社などの組織で雇用される能力を示すエンプロイアビリティが高いほど、意に添わず辞めさせられたりすることも少なく、また仮に辞めさせられても転職が可能となると考えられます。つまり、エンプロイアビリティが高いことは、終身雇用の崩壊、雇用の劣化や漠然とした雇用不安にさらされている多くの働く人々にとって、理想的な状態を示しているといえます。そうした観点から、本書では、転職だけでなく現在の会社で評価されてリストラされないという働く人のキャリア発達に欠かせない能力等を示すエンプロイアビリティについて考察しました。同時にグローバル化の観点から、わが国だけでなく、欧米の働く人々のエンプロイアビリティとの比較調査も行いました。
 現在組織で働いている人だけでなく、これから社会人になる学生の皆さん、再就職を考えておられる主婦の方々、行政、職業訓練機関や民間の教育訓練事業に携わっている人々など、幅広い方々に読んでもらいたいと思っています。

→「エンプロイアビリティとは」特集はこちら

41S5S3yjpoL

詳細ページへ(Amazon)

書籍紹介へ(日本労務学会)

今【注目】のエンプロイアビリティ まとめ(NAVER まとめ)

書評へ(日本労働研究雑誌No.657

書評へ(国際戦略経営研究学会二ューズレターVol4No2)

→書評へ(日本経営学会誌No.34)

PAGE TOP

Copyright© 2017 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.