取材・メディア

「ベテラン中堅社員を「プラトー化」させない具体的諸策とは」日本能率協会マネジメントセンター『人材教育』取材

 ベテラン中堅社員のキャリア発達を停滞(キャリア・プラトー化)させないための施策について論じました。
 この世代に入る30歳代後半と40歳代前半の人々の現況と課題について触れた後、役職定年制、ジュニアボード、社内ベンチャー、異業種交流、メンターの経験等の具体的な施策について述べました。それらの機会を通して、社内の後輩や外部の企業人、また自分自身と向き合うことによって刺激を与え、これまでのキャリアの振り返りと、今後の見通し(展望)について考える機会の重要性にふれました。
 ベテラン中堅社員の管理、能力開発やキャリア発達に興味をお持ちの方は、是非お読み下さい。
表紙
『人材教育』Vol.23 No.8(2011年8月号),pp.28-31.
→取材の概略へ

→「キャリアプラトーとは」特集はこちら

PAGE TOP

Copyright© 2018 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.