その他論文

「倒産を招く連鎖退職の恐怖 ムードで辞める?今どき社員の特徴と予防策」『47NEWS』((株)全国新聞ネット)

FireShot Capture 015 - 経済ニュース - Yahoo!ニュース - news.yahoo.co.jp全国の52新聞社と共同通信のニュースを束ねたウェブサイト「47NEWS」((株)全国新聞ネット運営)に連鎖退職について寄稿しました。Yahoo!ニュースにも転載、トピックス(経済タブ:いわゆるヤフトピ)に採用され、ピーク時は30分あたり6万弱PVを記録したほど、本当に多くの方に見てもらえました。ありがたいことです。連鎖退職とは、社員が次々と辞めていく「退職が退職を呼ぶ」状況をいい、最悪の場合、人手不足倒産をも招きかねません。転職は本人の自律的な意思のもと(計画的に)行われると考えられがちですが、意外に周囲の雰囲気や風土の影響を受けるのです。「職場の空気が悪い」「何となく、この会社には未来がなさそう」等です。この空気に、同期や先輩、上司等身近な人の退職が影響することが多いのです。「あの人も辞めた」「先輩や同期がどんどん辞めている」等です。そうしたもやもやした退職願望を持っているとき、仕事や人間関係でネガティブな出来事が起こったり、逆により良い転職先を見つけたりすると、辞意に歯止めがきかなくなります。それが連鎖退職なのです。本稿では、どんな人が連鎖退職しやすいか?上司や会社ができる予防策は何か?等の観点から検討しました。退職者が続出し始めた後で「そう言えば、あの時危険な兆候があった」と気づくのではなく、事前に「火種」を見逃さないことが重要です。より詳しくは、本年6月刊行された『連鎖退職』(日経プレミアシリーズ:新書)もご覧下さい。

本文・コメント(Yahoo!ニュース)

本文(47NEWS)

本文・コメント(Newspics)

『連鎖退職』(日経プレミアシリーズ:新書)

 

 

PAGE TOP

Copyright© 2020 Hiroshi Yamamoto All Rights Reserved.